マネースクエア

マネースクエアの弱点

マネースクエアの弱点・欠点

初回入金200万円と手数料がかかる

マネースクエアは初回入金を200万円に設定しています。

これは高い金額にすることでFXをやる人の覚悟を試しています。
これぐらいの金融資産がないとFX投資をすべきではない
という投資家保護の観点からだそうです。

200万円ということで学生やまだ貯金が少ない人には敷居が高いですが、
それに見合う情報とサービスを提供してくれるので仕方ないのです。
また入金額限度がない新サービスも登場しましたが、
これにはコンサルティングなどが受けられないためオススメできません。

ただし200万円が必要なのは ”初回入金” の時点だけなので
初回入金だけ消費者金融からでもちょっとお金を借りて入金し、
その後すぐに出金しても問題はないのです。
ですから初回入金さえ乗り越えれば上質サービスを受けられます。

今では初回200万円入金というハードルは無くなったので非常に使いやすくなりました。

 

大橋ひかるに巻き込まれた

以前、マネースクエアは大橋ひかるというアフィリエイターと契約していたために裁判に巻き込まれるということがありました。

大橋ひかるとは良く聞く 「100%儲かるFX商材」 という詐欺商材を売っていた詐欺犯です。

その大橋が推薦したFX業者がマネースクエアだったために、
詐欺犯:大橋と一緒に訴えられるという事態になってしまったのです。
マネースクエアが詐欺をしたわけではないですが、
このことが多少なりともダークイメージをつけてしまいました。

その事件の詳細解説ページ

裁判をやったりしていて、グルのように見られてしまっていますが
マネースクエアが何か詐欺をしていたわけではなく、
巻き込まれてとばっちりを受けてしまったということですのでご安心を。

コストが高い(手数料がかかる)

マネースクエアは、この手数料無料が常識になっているのに
手数料を取るという経営を行っています。
そのためコストが高いのがどうしても目につきます。

ですが、圧倒的な高良質サービスを提供しているからなので仕方ありませんし、
他の業者とコストを比べるのはお門違いかもしれません。

マネースクエアはしっかりとしたサービスをお客様に提供する代わりに
もらうべき手数料はきっちりいただくという確固たる経営理念があるため
このことをどれだけ許容できるかが問題ですね。

トラップリピートイフダン注文で毎月30万円以上運用を成功すれば
毎回の手数料などくれてやれ・・・といった気になれますが、
最初は手数料がかかるために躊躇してしまうかもしれません。

マネースクエアは独自路線を走る

マネースクエアは上記のように
他の業者のようなスプレッドやレバレッジの競争には決して参加せず
顧客ターゲットを富裕層のみに絞って、手数料を取る代わりに
富裕層も満足するような上質のサービスを提供する業者です。

まさに選ばれしFX業者といっていいかもしれません。
200万円入金の敷居が高いことや宣伝をしないことから知名度はなく
賢い人のみお越しくださいというスタンスであり、
富裕層を目指す上昇志向の高い人にピッタリです。

特にここが特許を取得したトラップ・リピート・イフダン注文は
寝ていても、仕事していても、遊んでいても、自動売買で
ほったらかしでFX運用することができる優秀なシステムです。

>> 富裕層FX業者:マネースクエアの口座開設へ
業界でも独特の特徴をもった富裕層のためのFX業者。
しっかりとしたコンサルティングや特許をとった自動売買システムなど
まさに ”この業者にしかない” オンリーワンのサービスを提供してくれます!
初回入金200万がクリアできなければ下記のキャンペーンを利用しましょう。