ライブスター証券

ライブスター証券の長所

ライブスター証券の長所は全ての通貨ペアのスプレッドが狭い

ライブスター証券(旧IDO証券)とは

ライブスター証券(旧IDO証券)は、
いろんな証券会社と吸収や合併を繰り返してきた総合証券会社です。
昭和の初期に更栄証券株式会社として成立した後、
新潟大塚証券や須々木証券、アクセス証券などと合併を繰り返してきました。

一番最近では2008年に日産センチュリー証券からオンライン取引部門を引き継いでいます。

ライブスター証券(旧IDO証券)のコストは安い

ライブスター証券(旧IDO証券)は設立も古く知名度のわりには歴史がある証券会社です。
取り扱い商品はFXだけでなく株式取引や日経先物を取り扱っています。
特に株の売買手数料や日経先物の1枚の手数料などが非常に安く
大手のSBI証券や楽天証券などの取引手数料よりも安くなっています。

情報サービスが少ないことや証券会社のわりには取り扱い商品が少ないこともあって、
コストがかかってないから手数料を安くできるのでしょう。
その取引手数料の安さはFXサービスのスプレッドの狭さにも現れています。

スプレッドがとてもせまい

ライブスター証券(旧IDO証券)は非常に狭いスプレッドを提示しています。
FXTSやMJ、DMMFXなども相当狭いスプレッドですが、
ライブスター証券(旧IDO証券)の最大の特徴は、
メジャー通貨ペアの他にあるマイナー通貨ペアのスプレッドが非常に狭いというところです。

2.0や3.0のスプレッドであるEURGBPが1.0pips、
4.0台が多いEURCHFが2.0pips

ライブスター証券(旧IDO証券)はFX業界でNo1といえる豪華企業

ライブスター証券(旧IDO証券)の最大の魅力は
株式や日経先物の評判と同じく業界最安の手数料、コストです
特にマイナー通貨ペアのスプレッドは非常に安く
GBPUSD、EURGBP、EURCHFなどを取引する人にとっては最高の環境です!

>> ライブスター証券(旧IDO証券)の口座開設へ
業界で一番狭い最強のスプレッドを提供し、コストは格安!
すべてが高水準でまとまっている、最強の万能業者です!