DMMFX

DMMFXの信頼性・安全性

DMMFXの信頼性・安全性は信用でかなり高い

DMMFXは金融先物取引業者に登録されているか?

FX業者がFX事業を行うには金融先物取引業者への登録が義務となっています。
登録されていない業者というのはもちろん違法業者ですね。
最近ではアライドLLCという無登録の違法業者が、
勝手にFX業者を名乗って詐欺をしていたので注意しなければいけません。

さて、肝心のDMMFXがちゃんと登録されているかというと、

関東財務局長(金商)第1629号に
きちんと登録されています
DMMFXは正規のFX業者です!

金融庁 : 金融商品取引業者登録一覧(PDF)

DMMFXは行政処分されたことがあるか

FX業界には上記のアライドLLCのように悪質な業者も結構います。
そういう業者は過去に行政処分を受けているのですぐにわかります。

さて、DMMFX
過去に行政処分されたことがあるかというと、

全くありません。健全な業者です!

DMMFXの自己資本規制比率はどうか

自己資本規制比率とはカンタンに言ってしまえば、
会社の資本比率から安全性が高いかどうかを図るバロメータです。
この数値が100%を下回ると金融庁に業務停止にされてしまうので
だいたい200%を超える数値が安全である目安となっています。
300~400%あれば、まず安心といっていいでしょう。

さて、肝心のDMMFXの自己資本規制比率は、

相当のレベルの安全圏にあります

DMMFXは信託保全されているか?

信託保全とは顧客の資産を信託銀行に預けることで、
FX業者が破綻しても私たちのお金が安全に返ってくるという安全のバロメータです。
特にDMMFXのような、大きなお金を預ける業者では
信託保全されていることが絶対条件なのです。

さて、肝心のDMMFXの信託保全はどうかというと・・・

日証金信託銀行で信託保全されています

ココ最近新参入してきたFX業者には、義務である信託保全が未整備のところがありました。
例えばEMCOMTRADEなどは信託保全を導入してやらないまま経営を行って居り、
挙句の果てに信託保全をしないまま廃業するというお粗末なことを起こしています。

いくら新規参入とはいえやるべきことはしっかりとやらなければいけません。
その点抜かりの無いDMM.comはきちんとDMMFXにも信託保全を完備しています。
その保全先は旧SVC證券時代からDMM.com証券が提携してきた日証金信託銀行です。
この辺もFXのノウハウのある旧SVC證券を買収したことが生かされています。

DMMFX 信託保全

DMMFXの株主や出資者は?

DMMFXの株主や出資者はもちろんDMM.comです。

DMMFXの総合的な安全性は S レベル

上記の5点からDMMFXの安全性を判断してみると、

不安な点は見当たりません

金融先物取引業者へ登録されており、
行政処分などもなく、
十分な自己資本規制比率、
しっかりとしたおや会社、
欧州の有力銀行で信託保全、
といったように弱点が存在しないのです。

よって外為どっとコムの安全性は
業界最高のSレベルであると判断できます!
さすがに短資会社の信頼性を誇るセントラル短資FXには劣るかもしれませんが、
短期売買の人気だけを見れば、業界でNo1といえるかもしれませんね。

DMMFXの一番の魅力であるキャンペーンも豪華絢爛

新規口座開設者には、たった1回取引するぐらいで10,000円もキャッシュバックされ
さらに100lot以上取引すればするほど、100万も1000万もキャッシュバックされます。
初心者の小銭稼ぎや、何度も取引するヘビーユーザーにも最適の業者です。

>> 万能FX業者:DMMFXの口座開設へ
業界で一番狭い最強のスプレッドを提供し、トップクラスのスワップ金利!
すべてが高水準でまとまっている、最強の万能業者です!
今、口座を作れば10,000円は確実にGETできるでしょう!